上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第41回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン

目の不自由な方が安心して街を歩けるように「音の出る信号機」を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーンで、昭和50年(1975年)から毎年クリスマスの24時間生放送を中心に実施しています。


V6がパーソナリティをすると聞くまで・・こういう活動があるコト、まったく知りませんでした。
もう41回目。
自分だって長く生きてきたのに(笑)世の中には知らないコトいっぱいあるんだなぁと。
でも、こうやってV6と一緒に・・・たくさんの気付きが出来て。
本当に良かった。
優しい眼差しや振る舞いはコンサートやTVの中と同じようではあるけれど。
すこーーし違う。
背負ったものの大きさに、真摯に取り組むその姿勢は・・・
やっぱりV6だなぁって。
真面目で誠実な6人。
ラジオを聴いてるだけでもそれは伝わってきたけれども・・・
ちらりと見たV6の姿は涙が出そうになるくらい心に響いてきました。
本当に24時間お疲れ様でした。
外の警備や整理をされていたスタッフさん。
穏やかに的確に誘導してくださるもんだから・・・
列がさくさく動いちゃって・・・
募金用に用意していたお金がすぐになくなっちゃいました(笑)
もちろん、1列にと言われれば言われればささっと動き、
待ってくださいと言われればすっと止まり。
そんなファンの方々ももちろんだけど・・ちゃんとしてた。
メンバーに会いたい・・・
そんな不純な動機ではあったけど・・・
でも、それでたくさんの募金が集まって・・・少しでもお役に立てたなら良かったと思うのです。




今年は震災20年ということで・・・人ごみでごったがえす震災セレモニーの会場に行ったときのこと。
車椅子のお姉さんがいらして・・・
父が車椅子に乗っているので・・・人ごみと段差は大変だろうなぁと思って・・・
『何かお手伝いしましょうか』と思い切ってお声掛けてみたら・・・
『いいえ結構です』と。
きっとお一人ではなかっただろうし・・・
知らないオバチャンに突然声掛けられてもねぇ・・・なんて。
それ以来・・・なんだか電車でも席譲るの躊躇しちゃう自分がいまして・・・
でも今回・・・長野くんが『何もしないよりは気持ちの籠ったお節介の方がすごく嬉しい』というメールを頂いたことが心に残ったと言っていて。
そーーだそーーだ。
これからもお節介オバチャンでいこう!とココロに固く誓いました!!!(宣誓?)

観覧ではいろんな健くんに会えて幸せなクリスマスでした。
6人の夜中の素敵ライブに涙ダーダーになったり・・・
途中健くん、すごくお疲れみたいで。
わーーー頑張って~って思って次に来てみたら・・・
剛くんが横に座ってて・・・すっかり元気復活していました(笑)
さすが健くんの剛くんだなって思った次第です。
手話で・・頑張ってとお伝えしてみたけど・・・届いたかなぁ。
Secret

TrackBackURL
→http://hono15.blog60.fc2.com/tb.php/2977-0e2c565c
Copyright ©Pao-n All Rights Reserved.
material by *Design Labo* template byテンプレート配布 lemon lime
                                                                                                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。