きっと星
健くんが『是非とも見て頂きたい』とおっしゃるのなら・・・
そりゃ・・見ましょう!!!ってコトで・・・
『きっと、星のせいじゃない。』をミマシタ。
事前に・・・ミヤケレビューをアタマに入れていきましたから(笑)
大まかなストーリーとポインツは把握してレッツゴーー!
脚本を「(500)日のサマー」も手がけたスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーが担当。
健くんもいつぞや・・「(500)日のサマー」お気に入りって言ってたねー。
たしかに・・・可愛い演出で雰囲気は似てた(笑)
そして・・・主人公の男の子からナンドも出る『メタファー』
「命を奪うものからその能力を奪う」というメタファー。
それ・・・どっかで聞いたコトあるよね~♪
うぉーーー!ここでメタファー!と素敵なセリフ満載なのにココでめっちゃ反応するミヤケファン。

・・・と。ここからは真面目に(スミマセン)
健くんも言ってたけど・・ガン患者の・・不治の病にかかった若い男女の恋なので・・・
想像どおり泣きます。
でも・・決して悲しいだけのハナシじゃないのは・・・2人とその周りの家族や友人たちがとても人間として魅力的だから。
悲しいお話ではあったけど・・・不幸なお話ではなかった。
限られた時間を・・時には美しく・・時には自虐的に。
ちょっと背伸びしたり悩んだりサバサバしたり・・2人らしく時を過ごして。
私は・・・ちょっと母目線になり・・・親より先に逝ってしまう子どもを持つ母のキモチにナンドもなって。
それこそ・・・きっとたくさんいたカップルの皆さんとは違うポインツで号泣してました(笑)
心を動かす素敵な映画でした。

おまけ。
ウィレム・デフォーの登場に・・・
キャーーー!デフォーさまったら・・・こんな青春映画に登場したらびっくりするじゃないかーー!!!
・・・と密かに思いました。
どんなイメージだよ・・・ゴメンね。
Secret

TrackBackURL
→http://hono15.blog60.fc2.com/tb.php/2811-3eb01b86
Copyright ©Pao-n All Rights Reserved.
material by *Design Labo* template byテンプレート配布 lemon lime