acteurはカミセン。あくちゅーるはかみせん。
すんごい豪華なラインナップとなっております。
カミセントップは准くん。
『たたずまいが美しい』2人の日本を代表する役者を称えたお言葉。
未観なので・・・
劇中からの空気や感情をインタビューから読み取るコトは出来ないのだけれど。
役所さんの拘り、准くんの拘り、監督の拘り、小泉組の拘り。
いろいろなもの感じに行きたいなぁと思う対談でした。

続いては剛くん。
ピランと開いたら・・・すんごいオトコマエがじっと見てて・・おもわず本落としそうになった。
剛くんの眼差しにはそれぐらいの威力がある。
今回も剛くんらしい真摯なインタビュー。
まじめでひたむき。深く考えてナニを今1番求められているのか。
瞬時に応えられる人なんだなぁと思う。
こうやって読んでみると・・・情報としては少ないのに舞台がすごく楽しみになるという。
やっぱり剛くんってスゴイ。
そして舞台もとても楽しみ。

最後は『StageDiary vol.37 炎立つ』
イエヒラご自身から語られる『炎立つ』
イエヒラを・・・
愛というものを知らず、自分の求める愛が得られないかわいそうな人と。
もうちょっとこれだけで泣きそうですけど(笑)
わたしは・・・かわいそうというのを越えて悲しくて悲しくて。
本当に悲しい人だと思いながらそこにいました。
だからこそ・・・魂が救われる瞬間は心臓がイタくなるぐらいのキモチになったし・・・
心底ほっとして・・・ぐぐぐっとなった。
舞台に込められたメッセージもあの音楽と歌があって・・・
より心に迫るものがあったなぁと今・・しみじみ思います。
あぁ・・・もー1回観たいよ。
いつもはあんまり気にならないスタイリストさんの可愛いお衣装。
今回は舞台のイメージに合ったものが良かったなぁと思ってみたり。
あ!!!これがスタイリストさんの戦略なのかッ!!(結局甘々・・・)
Secret

TrackBackURL
→http://hono15.blog60.fc2.com/tb.php/2729-66f6ecc5
Copyright ©Pao-n All Rights Reserved.
material by *Design Labo* template byテンプレート配布 lemon lime