上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『炎立つ』開幕おめでとうございます。
にこ健゜にもあったように・・・
三宅健の初めて尽くしは・・ファンにとっても初めて尽くし。
昨年10月グローブ座にそそそっとあったフライヤーを手に・・
宇宙級のド衝撃受けてからようやくのお披露目。
でも・・・長いとは全然思わなかった。
いつもなら舞台が決まってからナニモカモ慌しいのに(笑)
ゆっくり原作読んだりDVD観たり・・・
どの時代やるのかなぁ~やら・・・ダレを演じるのかなぁ~やら。
実在の人物だったり原作があったりで、いろいろ考えたりお友達と想像と妄想の世界へ。
待ってる間も楽しかった・・・そんな舞台の開幕です。
健くんの舞台の初日を観るのは・・・実は初めて。
期待と緊張と台風と(笑)いろんなモンで始まる前からもうよれよれでしたけど(笑)


以下・・・
ネタバレは書きませんが感じたコトつらつらしてますので・・・
ご用心ご用心。







そこにいる健くんは・・・まさにイエヒラでした。
今までに見たコトのない健くん。
かっこいいとか・・・そんな言葉では表せない。
魂がんがんに揺さぶられて幕間ですでにもう抜け殻になってましたやん・・・わたし。
座長公演ではないので・・・出ずっぱりではありません。
でも!!!
そんなコトまったく感じない存在感。
ままま・・・そう感じさせてくれたのは・・・
この『炎立つ』という舞台が素晴らしかったからだとも思います。
そこに座っているだけで・・・
観客をも楽土へと確実に導いてくれる。
原作を読んでなくても、ずずずっといつの間にか入り込める。
演者はたった13人なのに・・・
そこに何万もの兵がいるようなそんな錯覚。
CGもないシンプルな舞台なのに・・・とてつもない迫力。
健くんもおっしゃってましたが・・・愛之助さんの声は本当に素晴らしくて。
めろめろにはなりませんでしたが(笑)観客を引き込む力があるのだなぁと。
パンフにあった平さんのインタビューにもこの手の舞台には『声が重要』と。
このトコロは健くんきっとすんごい勉強したりお稽古したりしたんじゃないかな・・・と。
これからまだまだきっと進化していくんだろうなと期待しています。

カーテンコールで・・・大御所の俳優陣と一緒にコワイ顔して立ってる健くんを見て。
美しい所作を見て。
胸いっぱいでした。
スミマセン・・・いかんせん私はザ・ミヤケファンなので(笑)
座長は余裕のよっちゃんで(笑)・・・初日ご挨拶も頂きました。

たくさんの人に観て頂きたいなぁと思います。
私の愛之助さんファンの友達は・・・
現代劇の愛之助さんは苦手だから見ないと言ってましたけど。
これは是非ともお薦めしたいと。絶対見た方がいいよ。

原作読まなくてもわかる・・と書きましたが・・・
まったく原作どおりじゃないけど、読んだ方がよりわかると思うし入り込みやすいと。
(ちゃんと説明はありますが・・結構人間関係複雑なトコロから入るから)
観劇までお時間ある方は是非~♪

Secret

TrackBackURL
→http://hono15.blog60.fc2.com/tb.php/2682-f2be8cab
Copyright ©Pao-n All Rights Reserved.
material by *Design Labo* template byテンプレート配布 lemon lime
                                                                                                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。