fc2blog_20140625212049a66.jpg
加藤シゲアキ著『Burn.ーバーンー』読みました。
NEWS・加藤シゲアキによる「渋谷サーガ」シリーズ第3弾。


またまた・・こっそりひっそり感想など。

処女作『ピンクとグレー』は・・・
若い感覚にくすぐったかったりして・・・
言葉の使い方がとてもお洒落なんて思ったけど。
ちょっと読み辛くて・・・でも惹き込まれて。
こういう作品を読んだコトがなかったのですごく新鮮でオモシロくて。
ちょっと衝撃的でした。
第2弾『閃光スクランブル』は・・・
いろいろなモノがそぎ落とされて・・・
でも芸能人であったりアイドルであったりという枠の中で書いているのかな・・・と
想像してみたり。
『空間一面に輝く無数のペンライト。これが私の星空』
ココのトコロは・・・ブイファンの私もナンドも星の海を思い・・・
この星の下に生きる人たちのコトを思い胸がドキドキしたりして。
大好きな一文だ。
同じ世界で生きてるからこその生々しさに想像がどんどん膨らんで・・・
それがさらに生々しさを増殖していくようだった。

そして楽しみにしていた『Burn.-バーンー』は・・・
リアリティなトコロはそのままにすごくオモシロカッタ。
3部作の中で1番すっとはいってきて・・
やっぱり目の前に広がる・・いろんなモンが。
衝撃的ってことからいうと・・・安心して心ゆくまで入り込むコトが出来たけど
『ピンクとグレー』で感じたちょっとまどこっしさも欲しかったりして(笑)
人間って贅沢・・・
本の装丁もやっぱり綺麗で素敵。
読了後改めて見ると・・・ストーリーにいろいろ関係あるのね。

またシゲ先生の本是非とも読んでみたいです。
Secret

TrackBackURL
→http://hono15.blog60.fc2.com/tb.php/2644-cb31945f
Copyright ©Pao-n All Rights Reserved.
material by *Design Labo* template byテンプレート配布 lemon lime