上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
51HnhlYPxVL__SL500_AA300_.jpg加藤シゲアキ著『ピンクとグレー』読んだ。
小山クンとシゲちゃんにちょっとビビられてた健クン(笑)
『読むからね』って・・読んだ?


たいしたコトは書いてませんが以下感想。
こっそりひっそり。



これ読もうかな・・と思ったのは・・・
加藤クンがプレミアム出演したときすごくオレサマ発言で話が面白かったというのと
太一クンが『あいつ本当に面白いヤツだよ』って言ってたから。
店頭に並ぶ本の装丁がとても素敵で購買意欲そそられます(笑)
すごく女性好みだと。
まずは・・・
読み始めたんだけど・・
やっぱりアイドルNEWSの加藤クンっていうイメージが頭について回って・・
読み辛い(あれ?笑)
・・・って思っていたらいつの間にやらどんどん引き込まれてました。
若い感覚にくすぐったかったりして・・・比喩描写も新鮮。
言葉の使い方がとてもお洒落・・っていう表現が適当かどうかわからないけど。
普段こういう本を読まないので慣れなくて(笑)
でも・・・
恋でもない友情でもない・・ただただ切ないモノが蠢く世界。
同じ世界で生きているからこその目線がとても生々しい。
ちょっと映画を見てるような感覚になって感情移入しちゃって・・泣いた。
本読んで泣かされてしもた。

どこかのインタビューで
『自分がスポットを浴びるコトは結局グループに還元することになる』みたいなコトを
言ってたと思うけど・・・
加藤クンも自分のグループを大切に思っているんだなぁと思うと嬉しい(母親か:笑)
この本の世間の評価はわからないけど・・・とても面白かった。
Secret

TrackBackURL
→http://hono15.blog60.fc2.com/tb.php/1855-f58516de
Copyright ©Pao-n All Rights Reserved.
material by *Design Labo* template byテンプレート配布 lemon lime
                                                                                                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。